読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

天に代わりて不義を討つ

歴史修正主義に反対します。難しいことをやさしく、わかっていると思うことを深く追求して書きます。議論を通じ、対話を通じて真実を求めます。

橋下、海外に向けてもごまかし、すりかえ(2)

今回は、質疑応答編です。こちらの方がスリリングで面白い。

― 長年、日本の従軍慰安婦問題で争点になっているのは国家的責任です。当時日本軍がどれくらい慰安婦について認知し、または組織的に関与していたか。先ほど のスピーチであなたは「公娼(こうしょう)、私娼(ししょう)、軍の関与の有無は関係ありません」と述べたが、日本軍による被害があった地域の国では関係 あります。あなたはこうした点についてどういう認識を持っているか。

まず大前提として、日本の過ちを正当化するつもりはありません。
これまでの慰安婦に関する議論は日本の責任を否定するようなそういう議論が多かった。我々は責任は回避できません。いまご質問いただいた点は歴史的な事実に関わる点です。
日本政府がはっきりと認めているのは施設の管理、戦地において女性を移動させること、民間業者に女性を集めて欲しいと要請すること、この点には軍の一定の関与があったと認めています。

河野談話でこの部分はこうである。「慰安所は当時の軍当局の要請により設営されたものであり、慰安所の設置、管理及び慰安婦の移送については旧日本軍が直接あるいは間接にこれに関与した」。
慰安所の設置が抜けている。これは軍中央で決定されたものであり、軍の意思である。
施設の管理といえば、建物の管理のように聞こえるが、実際は設備とそこに働く慰安婦の管理である。
「戦地において女性を移動させる」ではなく、内地、植民地から女性を戦地に移送することである。
「民間業者に女性を集めて欲しいと要請すること」だけではない。「更に、官憲等が直接これに加担したこちもあった」のである。

た だし、この問題の核心的な論点、韓国の皆さんも一番気にしている論点、そして、世界の皆さんも日本特有の"ユニーク"な制度だと思っている論点、つまり国 家の意思として、組織的に女性を拉致した。国家の意思として組織的に女性を人身売買した、この点を裏付ける証拠はありませんし、この事実については認めて いないというのが日本の立場だと思います。

ここが韓国との間との一番核心的な論点。そして、繰り返し見解が対立しているところです。ただし、先ほども申し上げましたが、軍の一定の関与はあります。

ですから慰安婦の方には、やはりきっちりとお詫びをしなければなりません。

ここは総論部分なので、端的に指摘するが、軍は委託した民間業者が慰安婦になる女性を駆り集めさえすればいいのであって、その過程で女性の人身売買が起ころうが、起こるまいが、関心はなかった。人身売買に対する警察の追及を事実上ストップさせた。

 -市長の弁護士時代の顧問先に、風俗業があったと言われていることについては。


弁 護士として、顧問の関係にあること、顧問先については守秘義務があるので、ここですべてを語ることはできません。ここで言えることはかつて業界の顧問弁護 士だったことは事実です。顧問先は飛田新地の料理組合です。日本においては、違法なことがあれば、捜査機関が適正に処罰をします。料理組合自体は違法では ありません。以上です。

後半に飛田新地の顧問弁護士のことは再質問される。

―党共同代表辞任の可能性、信を問うための参院選出馬の可能性は。(略)

―"国の一定の関与があった"ということは、他国だって一定の関与をしているんだから…とも受け取れるが
(一部省略)

アメリカやイギリスは、そのピューリタニズムの考え方から、政府が、軍がそうした施設を設けることはしませんでした。しかし、現地の女性を利用したことは歴史的事実です。

アメリカの日本占領期間中も、日本政府が作った施設をアメリカ兵は利用していました。これは歴史的な事実として、しっかりと証拠があります。ですから、私が言いたいのは、軍が作ったのか、民間業者が作ったのかは関係ないと思います。

先ほど記者からご質問がありましたが、日本の慰安所は「軍が関与」していたことは間違いありません。これは様々な理由がありますが、これは歴史学者にゆだねたいと思います。

た だ、軍が管理していたこの日本の施設も、民間業者が管理している施設も、その施設の中で行われている現象が大変不幸なものであることは変わりありません。 また、ドイツも日本と同じような施設を使っていたというような事実が出てきています。朝鮮戦争時においては韓国にもそのような施設があったという事実が出 てきております。今、このような事実について、世界はすべて蓋をしています。日本を非難することはもちろん必要ですが、それで終わってはなりません。
(一部省略)

ア メリカやイギリス軍兵士が「現地の女性を利用した」とは「現地の売春宿で売買春を行なった」ということであろうが、これは兵士個人の意志で行なった行為で 軍の関与はない(韓国軍は別)。慰安婦の「利用」とはまったく問題の次元が異なる。「民間業者が管理している施設で働く女性が大変不幸なものであった」な どと言っているが、日本軍慰安婦の境遇と較べるほどのものではない。働いた女性がそれを訴えたことも知られていない。だから、なにも問題のないところに話をそらしているのだ。